lose control

9/10
57人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
「でも、なんで紗英ちゃんを呼んで、なんて言ったんだろうね? 三井さん。紗英ちゃんが私の親友だからかな?」  脳裏に浮かぶのは先週の出来事。  彼と少し離れた街の水族館でデートしていた時のことだ。  バッタリと三井さんと出会ってしまったのだ。  私の手をパッと離した彼に三井さんは詰め寄った。  少しだけ私とも口論をした。  結局お互い同じ穴の狢で、それ以上不毛なののしり合いはしなかったけれど。  だって、アイツはそういう男で。  軽くてノリが良くて、何股でもかけちゃうけれど一緒にいると楽しくて。 「じゃあ、改めて三井さん。漣と前から関係のある人が誰なのか、教えてくれる?」  若菜の手が、ゆっくりと三井さんの口元のガムテープを剥がし始める。  止めて、止めて、お願い、止めて!! 「漣は若菜の彼氏なのに、酷い!! 酷いよ、三井さん!!」  気付けば若菜と三井さんの間に這うようにして入り込んで。  真っ白な三井さんの首に手を伸ばす。  真っ赤な充血した目は更に赤みを帯び、何の抵抗もできないまま。  私を睨むようにして少しずつ閉じていく。  声にならない声が聞こえなくなった頃、力を籠めすぎて震える指先の力を少しずつ抜くと。  三井愛理はその場に倒れ込んだ。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!