私を待っていたのは

1/3
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ

私を待っていたのは

 ああ、どうしよう、どうしたらいいんだろう?  どっちを選ぶべきなのだろうか?  例えば私が二人いたならば、こんなに悩むことはなかったのだ。  好きな人と好きだと言ってくれる人に、同日にプロポーズされるなんてことある?  誰かに相談したらリア充すぎて笑えない、自慢か! と突っ込まれそうだけど。  そうではないのだ。  私は今、自分の将来についてを真剣に考えているのだ。  自分の想いに正直に生きるならば迷わず10歳年上の今お付き合いをしている修二さんを選んでいた。  ただ少しの打算をしてしまったなら、普通のサラリーマンの修二さんではなく、将来親の会社の跡取りを約束されている幼馴染の彰にも気持ちが傾いていたのは確かだ。  だって28歳だもの、30歳手前だもの、そりゃ色々と考えてしまうわけよ。  19時に修二さんと待ち合わせて、レストランでプロポーズを受けた。  一瞬、彰の顔が頭に過り、焦らすように「返事はまた今度」と笑顔で別れた後。  21時に最寄り駅で、バラの花束を抱えた彰にプロポーズされるなんて。  5年間、修二さんを待ち続けた私。  当然、彰にも「返事は次の時に」と笑顔ではぐらかした。  中学生の頃からずっと私を好きだった彰。  さて、私はどっちを選ぶべきなのだろうか? どっちを選んだら幸せになれるのだろうか?    重いため息をついて、カードキーで自室マンションの扉を開けた。  開けるまで、気付かなかった。  リビングから漏れる灯り。ああ、またやってしまった、今年何度目かの電気の消し忘れ……。  ガチャリと力無く開けた先には、煌々と電気のついたリビングと。 「「おかえりなさい、里保」」  声のそっくりな二人の女の人がテーブルを挟んで向かい合い座っていて、私を出迎えたのだった。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!