たとえ命が対価がだとしても、君とABCがしたいんだっ!

1/7
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
__ドクンッ!__ドクンッ! __ドッドッドッドッドッ__ 口から飛び出して、何処かへ行ってしまうのではないかと思えるほど、 僕の心臓は元気だ。 「ふぅー落ち着け。先ずは落ち着けー」 大きく息を吐き出し、気持ちを鎮めようとするも、戦に赴く前の武士の如き心境だ。 これから自分がしようとしていることを考えると、期待と不安で心がどうにかなってしまいそうになる。 「すぅーはぁー。大丈夫、大丈夫だ。  この日の為に、どれだけトレーニングをして来たと思っているんだよ(イメージトレーニングも含め)。  それこ、そここまで来たら自分を信じろよ」 こんな風に鏡に向かって独り言を言ってしまう程、今の僕には余裕がない。 ただ、とっくの昔に覚悟は決まっている。 それは確かだ。 それは多分、初めて彼女を見た時に。 後は、前に踏み出すだけだ。 「よし!」 パシンと両手で頬を叩き、僕は玄関を出た。 そして、彼女の元へと向かった。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!