プロローグ

1/1
1959人が本棚に入れています
本棚に追加
/201ページ

プロローグ

 人生で一度くらい、誰だって道を踏み誤ることがあるだろう。思い出しては顔を覆ってしゃがみ込むくらいの。布団に潜って、耳を塞いでそのリフレインが消えるまでわーわー叫ぶくらいの。  そんな黒歴史が私にもある。あの時はどうかしていたのだ。時が戻せるなら、はたまたあの時の私に今の私が助言出来るなら……。  はたして、あの行動を止めるのだろうか。  私の恋はあの時に見限られて終わってしまったのか。それとも、今から始まるのだろうか。願わくは、私はあの人が振り向いてくれることを望む。  私はあの人が欲しいのだ。
/201ページ

最初のコメントを投稿しよう!