第二話 七月二十四日 【耕助】 あと何回

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/47ページ

第二話 七月二十四日 【耕助】 あと何回

 誰よりも背が高くてみんなを見下ろしている。ああいいな、でも・・・これは夢。  「寝ちゃったか」 さっき宿題を終わらせてウトウトしていたところまでは覚えてるんだけど。 「・・・そんなはずないよね」  せっかく楽しい気分だったけど目覚めた僕はいつも通り、誰よりも背が低い状態。みんなは気にしてるの知ってるからあんまり触れてこない。夢ならしょうがない、明日の準備でもしようかな。  共同の自由研究、最初はカエデを誘って二人でやるつもりだったけど、アラタから六人でやろうと誘われた。小学生最後の夏休み、大鳥沢の六人でできるならその方がいいと思った。内容は地図を作ること、この地区のスポットをまとめるって言ってたな。  この六人は特別だ。去年まで通っていた大鳥沢小学校が廃校になって、僕たちは六年生から町の小学校に転校になっちゃった。でも、全員同じクラスになれて一学期も終わり、なんとか馴染んでいけた。まあ中学生になればどうせいくつかの小学校と合流したし、一年早まったって感じだけどね。  「おにいちゃん、あとなんかいねたらはつみおねえちゃんくる?」 妹のハヅキだ、入ってきたの気付かなかったな。 「そうだね、あと・・・十九回かな、寝れば来るよ」 「じゅうきゅう、じゅうきゅう。おひるねもかぞえていいの?」 「おひるねはダメだよ」 「んー、わかった」  ハツミ姉さんは陸上をやっていて、寮付きの高校に通っているからお盆とか正月くらいしか帰ってこない。ハヅキはその日が近づくと家族にあと何回寝るかを聞いて回るくらい姉さんを心待ちにしている。  「お姉ちゃんか、ハルカ・・・お姉ちゃん」 前はハルカをそう呼んでいたな。 小学校に入る前までだっけ、去年かそれくらいから少し扱い方がわからなくなってきたんだよな。厳しいときがあったと思ったら優しくなったり、僕が何かしたのかな、背が低いのが悪いのかな?でも、それは自分ではどうしようもないことなんだよ。小さいときみたいにとは言わない、こんなこと考えずに仲良くしていきたいんだけどな。  そういえば最近カエデにも、ハルカの僕に対する接し方がコロコロ変わるけど大丈夫かなって言われることあるな。カエデはおとなしい分、人のこと見てるから気になるんだろう。先のことがわかればどう接していくか簡単にわかるのにな。  あ、忘れてた。明日の準備をするんだった。どのスポットをまとめるか、いくつか考えておかないと。悩んでいた自分に向け、開けていた窓から柔らかい風が入ってくる。 「よし、ハルカが驚くくらい考えておこう」 風のおかげで前向きになれた。  夢のようにとはいかないけど来年は中学生だ。そのころには僕の身長はハルカを追い越しているはず、そしたら今みたいに強引に言うことを聞かされるようなことはなくなりそうだ。  それまでは・・・・あと何回寝ればいいのかな?
/47ページ

最初のコメントを投稿しよう!