誤作動糸

3/8
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
彦左氏星矢が席に座って、、、 「どうぞ、ミルクティー、紗織ちゃん、」 「ありがとう、星矢先輩、、」 六条寺紗織が、ミルクティーを一口飲んで、、、 「ところで、朱里絵見なかった?星矢先輩、、」 「さぁ、今日は、見ていないけど、紗織ちゃん、」 「そうなんですか、、路美夫先輩も居ませんね、」 「そうだよね、この時間になると学食に来てるんだけどね、、」 「先にシェアハウスに帰ってるかもよ、紗織ちゃん、」 「そうかなぁ、、一人で帰るとは思わないけど、、」 「それじゃ、あとで電話してみたら?紗織ちゃん、、」 「うん、そうしてみる、、星矢先輩、、」 その頃、円光寺朱里絵と帝戊氏路美夫は、江ノ島水族館に来ていた。 「何年ぶりかなぁ、此処に来るのは?」 「はい、わたしも久しぶりに江ノ島水族館に来ました、路美夫先輩、、」
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!