近日中再開! 発見者は中野学校出身、元皇宮警察を名乗る…… みちのくの怪しい古文書を評価した教授、作家たち‼︎ 作家と作品エピソード 表紙・澁谷沓氏の八甲田山の悲劇

所蔵のスクラップ、蔵書から小説のインスピレーション、研究に役立つかもしれない作家と作品についてのエピソードを網羅。

倉橋&少し元気になりました!

4時間5分 (146,931文字)
このエッセーで紹介されたエピソードが、小説や人生のヒントになることを願っています。

35 3,019

あらすじ

 教養というものは持てば持つだけ数多くの可能性が出てくる。社会思想社から刊行されていた現代教養文庫の中の『教養人の日本史』第四巻の前書きに次のような言葉が出てくる。 <教養とは何か。今すぐ役に立つと

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2021/11/15