岩井翔太

1/1
32人が本棚に入れています
本棚に追加
/103ページ

岩井翔太

    よく知る風景のはずなのに何かが違う。ぼんやりと家までの道を歩きながら、岩井翔太は何度もあたりを見渡した。よく行くコンビニ、スーパー、銀行、それは見慣れた姿でそこにある。高校への通学時に前を通るマンション、それも確かにあるにはある。  けれど。 「……なんか違う?」  あのマンションの壁って白くなかったか? 目の前にあるマンションの壁は薄緑色だ。いつからこんな色だった?  それだけじゃない。見慣れた風景のなか、明らかに「違和感」。  あのマンションの一階は花屋じゃなかったか? いつの間にカフェになったんだ? ここは駐車場だったろう? いつの間にドーナツ屋に? 絶対に、今朝は、こうじゃなかった。いや、今朝っていうか、さっきこの前を通ってあのビルまで来たとき、絶対にこんなじゃなかった。絶対だ。  それになにより。  途中から駆けたせいで息が切れる。  膝に手をあてて肩で息をしながら、翔太は目の前の一軒家を見つめた。 「なんだよこれ」  ここには翔太の住むマンションがあるはずではないのか。 「なんだよこれ、どうなってるんだよ!」  混乱したまま佇む街のなかで、夕焼けがやたら綺麗だと思った。
/103ページ

最初のコメントを投稿しよう!