プロローグ

1/1
66人が本棚に入れています
本棚に追加
/159ページ

プロローグ

一目見た瞬間、目が離せなくなった。 どこか儚げで、悲しそうに微笑む彼女。 この瞬間を逃したら、もしかしたら一生後悔するかもしれない。 俺は彼女に駆け寄り、言葉をかけた。 「あの、今から時間ありませんか?」
/159ページ

最初のコメントを投稿しよう!