画策

4/9
1005人が本棚に入れています
本棚に追加
/153ページ
獅堂は俺のそんな視線に気がついたのか、勘違いするんじゃねえよと言った。 「これ、歴代E組出身の人が趣味で作ったやつだからな?ここにあったんじゃなくて、ここで作られたんだよ。」 「ここの…。」 「俺もあんま詳しくねぇけど、作ったやつは建築関係のデザイナーらしいぜ?今は。」 「そうか。」 それはまさに、この学園がE組に推し進めていた仕組みで生まれた人材なのだろう。 獅堂はお茶を飲んだあと言う。 「つまりここは部屋って訳だ。ここでは誰の目も気にせず自由に好きなことに打ち込めるんだよ。」 「そのような場所を作らなくても、校舎で、」 「その校舎に居づらいからこういう所を作ったって、なんで分かんねぇの?」 「……そうだな。」 確かに、E組の行動範囲はかなり狭いかもしれない。あちらの本校舎だと肩身も狭いだろうから、ここを使うのは妥当だったのかもしれない。 俺は獅堂に貰ったお茶を飲みながら言う。 「それで?この部屋の存在を俺に知らせてどうするつもりだ。」 「は?知らねぇよ。そんなんてめぇで考えろ。俺は颯さんに頼まれたから教えただけだ。この情報をどう活用するか考えるのも、多分お前の役目なんだろ。」 「………ふむ。」 近衛の意図は昔から読みづらかったが、今回は特に分かりづらいな。 俺が今1番したいのは、E組の誤解を解くこと。 S組らの生徒からの風あたりの強さを緩和して、E組が過ごしやすくしたいのだ。 その為にできるのは、やはりE組が落ちこぼれだから選ばれた訳では無いという、本当の選考理由を皆にわかりやすく伝えなければならない。 このことを近衛は知っている。獅堂とのあれこれを説明する時に一緒に伝えたからな。 つまり近衛なりに手助けしようと思ってここを見せたってことか?
/153ページ

最初のコメントを投稿しよう!