膨らむ不安

1/4
406人が本棚に入れています
本棚に追加
/105ページ

膨らむ不安

 気にしなくていいと譲は言った。それでも不安が晴れることはなかった。  真梨子は一人残された部屋の中で、押し寄せる不安と戦ったいた。というのも急遽譲の出張が決まり、明日の夜まで真梨子は一人になってしまうからだ。  (あらかじ)め、出張の準備をしている譲は、キャリーバッグを持つと玄関に向かう。見送りに来た真梨子を抱きしめると、いつもより長めのキスをする。 「明日は帰る前に連絡するよ。なるべく早く帰るようにするから」 「……わかったわ」  譲を見送った後に部屋を見渡し、ソファに身を沈める。この部屋ってこんなに広かった? こんなに静かだった?   一人で過ごすことには慣れているはずだった。だけど譲と暮らし始めて三ヶ月、二人でいる楽しさや温かさを知ってしまった。  譲が私を甘やかすからよ……彼が恋しくて仕方ないの。  今日は早く寝ようと思ってベッドに入ると、今度はシーツに残る譲の香りに包まれ、真梨子はより寂しくなった。 * * * *  翌日、仕事を終えてからスマホを見ると、譲からのメッセージが届いていた。 『これから帰ります。遅くなるかもしれないから先に寝てて』  真梨子は思わずため息をつく。今日はもう会えないのね。目が覚めるまでは一人。  仕方なく家に帰ろうとした時だった。突然着信音が響き渡る。スマホの画面を見ると"二葉ちゃん"の文字が見え、真梨子は慌てて電話を取る。 「もしもし」 『あっ、真梨子さん? 突然すみません!』 「ううん、どうしたの?」 『今日、良かったら一緒に夕飯とかどうですか? 久しぶりに女子トークで盛り上がりましょう!』  何、このタイミングの良い誘いは。そこで真梨子は答えに思い当たり納得する。 「譲に言われたの? それとも副島くん?」 『……さすが真梨子さん。鋭い。お兄さんから連絡が来たんです。でも真梨子さんとなかなかお話が出来なかったら、女子トークしたいっていうのは本気ですよ』 「……でも二葉ちゃんを借りたら、副島くんに悪いし」 『そんな! 毎日一緒だし、匠さんも了解済みなので大丈夫です。良かったらあのバーに久しぶりに行きませんか?』 「そうね……じゃあ行こうしら」 『良かった! ではお店で待ち合わせで』  電話を切った後に、泣きたいくらい胸が温かくなる。譲は私のことはお見通しなのね。  離婚前は一人にも慣れていたのに……今は譲に会いたくてたまらない。
/105ページ

最初のコメントを投稿しよう!