お互いの本当の顔

2/2
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
 溢れ出てくる涙を堰き止めたくて目を瞑れば、結局零れていくのだ。どうしようもない。 「大丈夫。俺って心底役立たずだなって自己嫌悪に陥ってるだけ」  目の前の妻を見やると、信じられない、という表情をしている。 「……何かあった?」 「……何も。特には」  嘘だ。もうずっと前からおかしい。君に愛されていないと思えば思うほど、自分が無価値で無意味な存在に思えるんだよ。 「…………」  美穂は、このような、いつも起こり得ないことに対応するのが苦手だ。眉間に皺を寄せて、考え込んでしまった。  俺はこの沈黙自体が苦手だ。思わず、正解を導き出そうと口を挟んでしまう。 「駅前のスーパーならまだ開いてるし、出かけてくるよ」  この場から早く逃れようと、彼女の傍を通れば、腕に抱きつかれた。 「ん?」  咄嗟の行動だったのだろう。みるみるうちに、鎖骨の辺りから上に向かって皮膚が赤みを帯びていく。 「こんな時くらい、出前とりたい。体に悪そうなジャンキーなもの。死ぬほど食べたい」  出前をとりたいという珍しい内容より、死ぬというワードが心臓をチクリと刺した。  身体自体は健康そのものなのに、毎日が地獄のようだ。いつか、付き合って初めて喧嘩した日があって、その時に言われた言葉を思い出す。 ーー死神がいつも手招きしてるの
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!