お母さんやめて魔王になります

1/9
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
 皿を洗いながら、麻央はため息をこぼした。  今日も今日とて、食べっぱなし、置きっぱなし、散らかしっぱなし。それらを全部片付けていく麻央を見ても、夫も、中学生になる娘も、感謝の言葉一つ無い。いや、気付いてもいないようだ。  皿を洗い終わると、娘の真希(まき)がリビングのソファでだらしなく寝転ぶ姿が目に入った。 「真希、早くお風呂入りなさいよ」 「んー……あ、ユニフォーム、泥落ちてなかった。ちゃんと洗ってよね」  真希のスマホをいじる手は止まる気配がない。  二度目のため息を噛み殺したその時、夫の邑仁(むらひと)が洗面所から戻ってきた。 「鏡、汚れてたぞ」  そう言って、邑仁はさっさとソファに座った。これは、麻央が磨けという意味だ。汚れているのは、邑仁や真希が乱暴に水を出して撥ねたからなのに。  今までなら、従っただろう。専業主婦である自分の役割だと思ったし、任せればかえって仕事が増えそうだし、教える方が手間だし……色々な理由が重なった。  だが今はやらない。これからはもう専業主婦ではなくなるのだから。 「自分で拭いて」  麻央がそう言うと、邑仁は眉をひそめた。 「は? 掃除はお前の仕事だろう」  食い下がろうとする邑仁を放って、今度は真希の方を向いた。 「真希も。さっさとお風呂入って。そしたら洗濯の仕方教えるから」 「はぁ? 何で?」  明らかな反発。真希にとって洗濯なんてものは自分のするべきことではない。そう思うような環境にしてしまったのだ。  麻央は思い直した。まず伝えるべきは、この先の決定事項だ。 「二人には覚えて貰わないといけないの。何故なら……」  すぅっと息を吸い込んで、ハッキリとした声で、麻央は告げた。 「私、お母さんやめるから」
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!