玉響の祈り

それぞれの愛を信じ続けたノスタルジックヒューマンドラマ。

水郷 美六

9分 (5,281文字)
妄想コンテスト『もうすこしだけ』参加作品です。実は結構お気に入り。

7 84

あらすじ

1985年、夏。 僕たちは果たせない約束をした。 あれから65年。 あの遠い夏は、泡沫の戯れだったのだろうか。 時代の変遷の中を生きた、3人の物語。

感想・レビュー 1

人を一途に想うことの尊さが胸にしみる良作

初恋は切ないものーー多くの人がそのような固定観念を持っているのではないでしょうか。 なぜなら多くの場合、悲しいお別れが待っているからです。 しかも『想い出』にせず、出会った時の感情を保ち続けるのは、ほ