プロローグ

2/5
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
「はぁ~、やっと今日の講義が全部終わった。一日に四コマ入れるのは流石にきつかったな~。後期からはもう少し考えて時間割考えないと。でも、そうすると単位が足りなくなった時、困るし。う~ん、難しい」  私の名前は一ノ瀬蒼(いちのせあお)。今年の四月からこの東京総合大学に通う女子大生だ。  地元は凄い田舎で、大学進学を機に大学の近くに引っ越し一人暮らしを始めた。  高校までは地味で友達もいなかったボッチだったけど、女性誌で勉強して服に気を使って、髪も美容室に行って目元まで隠れていたもっさりした髪を目が見え肩口をくすぐる程度のショートカットにしてもらった。ついでに、髪色も少し茶色に染めてもらった。  眼鏡もやめて、怖かったけどコンタクトに変えた。  そう、これもあれも全てイケメンな彼氏を作って、リア充になって最高のキャンパスライフを過ごすために頑張ったのだ。  しかし、入学早々私はとんでもないミスを犯してしまったのだ。 「今日もまたあそこに行かねばならないのね……。憂鬱……」  私はこれからのことを考えて、肩を落としとぼとぼと目的の場所へと向かう。  私が向かうのは講義が行われる本校舎から少し離れた場所にある研究棟の三階にある一室。  この研究棟は名前の通り、いくつもの研究室がある建物だ。いわゆる、大学教授専用の部屋のようなものだ。  何故私がここに行くのか。それはもちろん大学教授の研究を手伝うため、ではない。  そもそも、この研究棟に用がある学生はゼミに所属している四年生か大学院生くらいだ。入学したばかりの一年生が来るような場所ではない。 「ああ……、着いてしまった」  私は目的の研究室の前で立ち止まり、ドアにかかっているプレートを見る。そこには、未来研と書かれていた。  私はため息をつきながら、ノックをせず扉を開けて中に足を踏み入れた。 「おはようございます……」  テンション低めの挨拶を既にこの研究室にいる人たちに投げる。  研究室にいたのは二人だけだった。 「ん? 遅いぞ、助手!」  偉そうに私を助手と呼んだのは、ぼさぼさ頭をした、顔はちょっとカッコいい一つ年上である、天道遥翔(てんどうはると)先輩だ。白衣を羽織り、腰には何故か木刀を差している。木刀の名は“夜桜”と言うらしい。心底どうでもいい。 「一分の遅刻だ。時間にルーズなのは困るぞ」 「はぁ、ここに来るのに時間って決まってましたっけ?」 「いや、ここに来る時間はいつでも問題ない」 「あの、ごめんなさい。言ってる意味がちょっと分かんないんですけど? じゃあ何で私、遅刻だなんて怒られたんですか?」 「さっき、凪からルーズという言葉を教えてもらったから、ちょっと使って見たかっただけだ」  そう言って、天道先輩は研究室の隅でパソコンをいじっているゴスロリ姿の人を指差した。 「網嶋先輩のせいですか……。というか、覚えた言葉すぐ使いたがるとか小学生ですか!?」 「む、失礼な。これでもちゃんと成人はしているぞ。お酒も飲めるし煙草も吸える」 「天道先輩、お酒も煙草も苦手じゃないですか……」 「それに何より、エロ本やAVを買っても法律上問題ない!」 「女子の前でそういう話題は辞めましょうね!? 人間性には問題ありますからね!?」  天道先輩が急に変なことを言い出すから、自分でも分かるほど顔が赤くなっていた。 「網嶋先輩からも何か言ってください」  棒付きの飴の包装を剥きながら、網嶋先輩は興味がなさそうにこちらを見た。 「ん、まぁ、三ヵ月も彼と過ごしてきたのだから、少しくらいは許容したらいいんじゃないの?」 「あれ? これもしかしなくても私が悪いみたいな流れになってませんか!?」 「助手なのだからそれぐらいは我慢しろよな」 「なんで天道先輩はそんなに偉そうなんですか……? あと、私は助手じゃありません」 「何言ってるんだ。最初に会った時に言ったろ? それにあの時、一ノ瀬は納得してここにきたじゃん」 「いや、納得って言うか。あれはもう詐欺に近いですよ」  その言葉を聞き、私は初めて天道先輩と出会った時のことを思い出していた。 ――――――――――――――――――――  あれは三か月前、入学してすぐの出来事だった。高校以前の知り合いがいなかった私は一人でキャンパス内を歩いていた。周囲では新入生を勧誘しようと、上級生たちが必死でビラを配りながら声掛けをしていた。  憧れのキャンパスライフを送るには、サークルに入るのは最低条件だと考えていた私は、サークルの勧誘を受けようと人だかりの中に入り込もうとしていた。  しかし、その時一直線に私へと向かってくる人がいた。 「君しかいない! ぜひ俺のサークルに入ってくれ」 「え? あの?」  戸惑う私にその人は私の方をがっしりと掴み、矢継ぎ早に言葉をまくしたてた。 「一目見た瞬間、君しかいないと確信した。俺の助手は君しか務まらないと思っている。頼む」 「えっと、あの……、はい……」  男の人にここまで言い寄られたことのない私は顔を真っ赤にしていた。しかも、その人は今まで見たこともないくらいのイケメンだった。  私は恥ずかしさに目を合わせられず、俯きがちに小声で答えた。  しかし、心の中では私の時代が来た! と舞い上がっていた。 「そうか! よかった! じゃあ、さっそくうちの研究室に案内する」  その人は嬉しそうに笑い、私の手を引いて研究室に案内してくれた。  そして、連れてこられたのは研究棟の三階にあるこの研究室だった。 ―――――――――――――――――――― 「どうして、私はあの時この人をカッコいいと思ったんだろう……。一生の恥……」  私がこの人に対して失望するまでそう時間はかからなかった。大体二十分くらい。それで『ああ、この人はきっと世界で一番バカな人だ』と理解し、この人についてきてしまったことを後悔した。 「まぁ、見た目だけで言ったら、遥翔はイケメンの部類に入るしね」  私の心中を察してか、網嶋先輩がそうフォローした。  もちろん、当の本人にはそんな自覚はないようだけど。 「というか、どうしてあの時私に声をかけたんですか? 他にも新入生はたくさんいましたよね?」 「そんなもん決まってんだろ。あの中で一番胸が大きかったからだ」 「クズですか!? というか、どこ見てるんですか!?」  天道先輩がいやらしい視線を私の胸に向けてきたため、私はとっさに両手で自分の胸を覆った。  このとんでもセクハラ男のせいで私の思い描いていたキャンパスライフのスタートダッシュは思いっきりつまずいてしまったのだ。  しかし、おかしな人がこの人だけであれば、私だってもっと楽しく充実したキャンパスライフが送れていたはずなのだ。だが、未来研に入った時点で、私のキャンパスライフはバットエンド直行ルートだったのだ。  そう、この未来研には、この人以外にも問題児はいるのだ。 「ふん、俺様が買い出しから帰ったぞ」  そんなことを思っていたら丁度その問題児が、研究室にやってきた。
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!