要の『願い』

1/1
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

要の『願い』

 ❖ ❖ ❖ ❖  花火当日。  哉芽は里央の頼み込みで、花火鑑賞の同伴を病院から許可してもらっていた。  夜の病院は昼間とガラリと雰囲気が違う。  病室を静かに開けると、里央は直ぐに気づいて嬉しそうに手を振っていた。 「似合うでしょ?」  いつもはジャージだった里央が浴衣を着て車椅子に座っていた。  傍らには母親と父親が付き添っている。哉芽は両親が揃っている事は想定していなかったので、びっくりして身構えてしまった。 「ほらっ、二人がいるから芝崎びっくりしちゃっているじゃない」  里央はふて腐れている。哉芽は我に返ると両親に一礼をした。 「じゃあ行こう! 早くしないと絶対場所無いって」  里央はそんな両親はお構いなしで、哉芽を急かす。哉芽は苦笑しながら「はいはい」と、車椅子に手をかけた。 「いってらっしゃい」  そういう両親はその場で二人を見送っていた。  一緒に行くわけではなく、只々部屋の中で娘の嬉しそうな姿に涙している。  哉芽はまた一礼し、里央を連れて屋上へ上がった。  屋上は人がいたがまばらだった。出入り口から近い場所に車椅子を止めて、哉芽は傍らにあるベンチに座る。  花火が揚がるまでまだ少し時間があった。 「ねぇ、そろそろ本当のこと教えて欲しいんだけど」  里央は何の前触れもなく哉芽に話しかける。 「急になんだよ」  哉芽は唐突に聞かれ、質問内容に頭を巡らす。 「雰囲気変わった。いつからだろ……何かあった?」 「別に、そんなんじゃねーよ」  夜空を見ながらカラ返事をする哉芽の顔を、里央は挟み込むように両手で包み込む。そして、自分の方へ強制的に向けた。 「私との約束覚えているよね」 「……覚えているさ」  里央が哉芽をじーっと見つめている。  そんな時だった、夜空にぱわぁっと光の花が咲き、辺りの輪郭を浮かび上がらせる。 「ほら、花火始まったぞ」  哉芽は顎で空を指した。  ぷうっ、と里央は拗ねて頬を膨らませ振り返る。  その瞬間、里央の目線は釘付けになった。  大きな音と共に大輪の花が咲き乱れている夜空に魅了され、言葉を失っていた。 「キレイ」  その言葉が里央の口から紡がれる。  哉芽はそれだけでもう十分満足だった。 「俺、お前に今日伝えたいことがあるんだよ」  その言葉で、花火から目を逸らし、里央は哉芽を見つめる。 「やっと言う気になった?」 「最初からその気だよ」  ため息交じりでそう呟く。 「俺はこのまま生きていく」  その言葉に里央は少し寂しい表情を見せたが、すぐに満足そうに微笑んで見せた。 「俺、オマエのその笑顔をもっと見ていたいと思った。だからそう願っただけだ」 「そんな……それって」 「俺の対価だよ、生き続け天寿を全うするのが」  そこまで言うと、哉芽は小さく深呼吸する。    覚悟を決めたように夜空を見上げた。
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!