オープニング

1/1
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

オープニング

 暗闇の中で目を覚ます。どこまでも続く漆黒の世界には、色も音も熱もない。何度か瞬きをしてみるが、視界は馴染まなかった。  目蓋を閉じているのだろうか、開いているのだろうか。  暗闇に手を伸ばす。  柔らかいものが指先に触れる。  私は薄い膜に包まれていた。  私に力があれば、ここから抜け出せるのに。  暗闇の薄膜を破り、外に出られるのに。  そうだ。目だ。  ここから抜け出すには、眼前を捉える目が必要だ。  まずは、果てのない世界を見渡す目を手に入れよう。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!