言葉なく抱き合ったあの五分間を、ボクは決して忘れない

ぎこちなく重ねられた唇は、かすかに震えていた。

からした火南

恋愛 完結
10分 (5,870文字)

4 9

あらすじ

温かな指先が頬にふれる。コタツの中で上気したボクよりも、さらに熱をおびた指先……緊張の程は彼女の方が上だと知る。 「内緒だよ……」 照れくさそうに目を伏せ、薄闇の中でノブちゃんが笑う。 ベッドからは、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含むお気に入りリスト 1件

その他情報

公開日 2022/1/10