黒には探偵の才能がある

1/2
67人が本棚に入れています
本棚に追加
/137ページ

黒には探偵の才能がある

 黒には確かめるべきことがあった。ゆえに、海高の本校舎にきていた。  黒は、屋上へ続く階段の踊り場でiPhoneを取り出して、画面をチェックした。 「……なるほど、ね。やっぱりそうだったのか」  それから黒は、屋上に出た。  テントはない。テントは帰るときにたたんでペントハウスの屋根に置いておくのがルールなのだ。小型扇風機やテントマットも、演劇部から拝借したブルーシートに包んで置いてある。  テントがないだけで、屋上がめちゃくちゃ広く見えるのが不思議だった。 「やっぱり、テントないと物足りないなあ」  黒は今や、一流の屋上評論家に成長していた。  黒はペントハウスの屋根から一式を降ろして、テントをセッティングした。  うん。やっぱこうでなくっちゃね、海高の屋上は。  日が傾き始め、日差しは弱まっている。そよ風が吹き、黒の頬を撫でた。蝉の合唱も、どうしてか心地よい。屋上にいると、不思議と夏のすべてが愛おしくなる。  黒は白に、LINEで電話をかけた。一回目は繋がらなかったけど、二回目で出てくれた。 「もしもし?」 「白? あたし、黒だよ」 「どうしたの? なんか、声から興奮が伝わってくるけど。えっちな動画でも見てるの?」 「なんでそうなる……」  黒は気を取り直す。 「白、大変なんだよ! あたし、真犯人が分かっちゃったかも!」  電話の向こうで、白が息を飲むのが聞こえた。 「黒、今どこにいる?」 「本校舎の屋上だよ」 「なんで屋上に? まあいいや、私もすぐ行くよ。そこで待ってて」  電話を切ると、黒はテントの中で寝転がりながら、考えをまとめた。  おそらくあたしの考えは合っている。でも、分からない点も残っている。   宣言どおり、白はすぐにきた。彼女もテントの中に入ってきた。手にはレジ袋をぶら下げていた。 「お菓子とか買ってきたけど、黒、食べる?」 「ありがたい」  二人はお菓子の袋を開けて、摘まめるようにした。 「真犯人には、実はもう連絡を済ませてあるんだ」  黒は言った。 「もうしばらくしたら、屋上にやってくるはずだよ。そこで真相を突き付けて、ぎゃふんと言わせてやる」 「楽しみだ。でも緊張するね。それで、さっそくだけど、真犯人は誰なの?」 「順序立てて話してもいいかな? あたし自身が推理をまとめる意味でも」 「うい」
/137ページ

最初のコメントを投稿しよう!