小兎は就活中

1/18
1730人が本棚に入れています
本棚に追加
/59ページ

小兎は就活中

暑い…とっとと就職先を決めて、このスーツを脱ぎ捨てたいよ。 5月中旬の今、内々定をすでに1社からもらい、今日はもう1社の面接があった。でも本命会社の面接は6月1日で、内定者には翌日通知が来るらしい。 「ただいま」 「おかえり」 「愛兎、なんでいるの…あっ、中間テストか」 「うん…」 習慣でただいまとは言ったが、誰もいないと思っていたリビングに愛兎がいて少し驚いた。リビングかダイニングでしか勉強しない愛兎の横を通りすぎ、部屋で下着まで全て着替える。はぁ…すっとした。洗濯物をまとめて抱えてから、片手で取り出したスマホの電源を入れつつ洗面所まで歩く。 いくつかメッセージが来ているようだが、ワンピースのポケットにスマホを入れ手を洗うとキッチンへ行った。お茶を大きなマグカップにたっぷりと入れたところで 「ねぇね、牛乳」 愛兎がシャーペンを置いて短く言う。牛乳が何?と思わないでもないが、まだ‘ねぇね’と呼んでくれることに免じて許す。友達の前では‘姉ちゃん’と言っている可愛い弟だ。 「私ビスケット出すけど、いる?」 「いる」
/59ページ

最初のコメントを投稿しよう!