プロローグ

1/1
149人が本棚に入れています
本棚に追加
/426ページ

プロローグ

「それは本当か!? 良くやったぞフェイル!」 「あなた! 今日はお祝いよ!」  フェイルが16歳の誕生日、父と母は息子からの報告を聞くと大喜びでフェイルを抱きしめた。  その大喜びをした報告はというと……  フェイルが勇者に選ばれた。  という前代未聞のニュースである。  その日フェイルは、突然天空より舞い降りた神から蒼き光を授かった。  そしてその時神より告げられる。  その蒼き力で世界を魔の手から救うのじゃ。  今日からお主は勇者じゃ。  その言葉と同時に、現世界の状況がフェイルの記憶に送り込まれた。  魔物に襲われ、滅亡した国。  魔物に親を食われ、泣き崩れる幼子。  養豚場の様に飼育されて、食べられる人族。  世界はあまりに残酷だった。  その為、フェイルは父と母の様に単純には喜ぶ事はできない。  しかし勇者として選ばれた今、フェイルは決意する。  この世界から悲しみを無くす為に、命を懸けて魔物と戦い続けると……。     こうしてフェイルの冒険は始まった。  
/426ページ

最初のコメントを投稿しよう!