高校時代

1/1
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ

高校時代

「おい!」  高宮(たかみや)が校舎の屋上から町を見渡していると、ある男子が走ってきて、ふり返った高宮の胸ぐらを掴んだ。 「お前、浮気したって本当か!?  夏子、泣いてたぞ!  本当だったら承知しねえ!」  男子 ─── 1年のとき同じクラスだった屋代(やしろ)は拳をふり上げた。 「よせよ。」  高宮は冷たい目で屋代の顔を見た。 「手を放せ。  お前のストレス発散の標的になる気はない。  ………こないだの模試、順位がふるわなかったみたいだな。」  模試の結果は、上から30位までの名前が廊下に張り出される。今回、常連の1人である屋代の名前はなかった。 「夏子の話を信じたフリなんかしやがって。」  屋代はカッと顔を赤くした。  突き飛ばすようにして手を放した。  高宮は片手で襟元を整えながら、そんな屋代を鼻で笑った。 「順位程度でそんなにイラついているようじゃ、本番まで持たないな。ライバルが減って助かる。」 「なんだと!?」  屋代はまた激昂したようだが、手は出さなかった。先ほど見抜かれたのを恥ているらしい。  高宮は軽く握った手を口に当てて、クックッと笑った。 「人の言葉に左右されすぎだ、屋代。  あと2、3年で成人なんだぞ、俺たちは。」 「……まあな。」  屋代はそれしか言えなかった。 「用が済んだなら教室に戻れ。」 「お前は?」 「言う必要があるか?」  屋代はくやしそうな顔でコンクリートをひと蹴りして、歩き去った。 「………めんどくせ。」  高宮はつぶやいた。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!