第二詩集 二月の河

1/1
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ

第二詩集 二月の河

 二月の河は冷たく  暗く寂寞の空は  よどんだ雲に覆われ  人の心を暗澹とさせる  静寂は  陰気な魔の(とき)となって流れる  凍える不自由な手で  やっと開いた手帳のカレンダー  二月の横に  ハッキリと三月の暦を見る  暦には  桜の花びらの芳香  春の光  凍える手で再び閉じる一冊の手帳には  近づく希望の暦が収められている f691927e-7a4a-4d5f-9e7f-fdd28ca2cda1          
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!