本文

3/5
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ
「どうぞ。暑いですね」  足を垂らして縁側に座ると、相原さんは氷が揺れるガラスのコップを僕に差し出した。 「はい」  受け取る時、一瞬だけ指先が触れた。 「っ!」  手が痺れた。強めにコップを握って一口飲む。  甘くて弾ける。サイダーだった。  相原さんは僕がそれを飲むのを見ると、それっきりで机に向かってしまった。  胸がきゅっとする。 「……相原さんって」 「はい、何でしょう?」 「……お仕事、何してるんですか?」 「ご覧の通り、字を書いていますよ」 「違う」  つい言い返すと、相原さんは目を丸くした。 「それ仕事じゃないでしょ。手紙だもん」 「ええ、お手紙ですが」 「誰に送るの?」 「僕のことを好きだと言う人です」 「え?」
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!