キスして。伝えて。

1/21
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ

キスして。伝えて。

「この後……(じゅん)ちゃんの部屋行っていい?」  駅前に着き、(たく)は汗ばむ手で紙袋の持ち手を握り直して隣を歩く男に声をかけた。  端正な顔がこっちを向く。春の夜風にさらさらの茶髪が揺れ、涼しげな目が細くなる。  鼓動が速まる。勤め先のショップで来客を虜にする笑顔が、今は自分だけのものだ。  でも返ってきた答えは無情だった。 「よくないな。明日も学校だろう」 「いいじゃん。誕生日プレゼントって思って」 「それはもうあげただろう」  つき合って一カ月の恋人、(たに)淳一(じゅんいち)は拓が持つ紙袋に視線を投げた。中には、彼が見立ててくれた服が入っている。 「じゃ入学祝い」 「今さらか? もう五月なのに」 「……デートの最後はホテルかどっちかの部屋って決まってる」 「高校生は論外だ」  拓はむくれて口を尖らせた。  また子ども扱いだ。 「それに、もう時間も遅い。明日は早番だし俺もちゃんと睡眠は取らないと……」 「俺のほうが朝早いし」 「だったらなおさらだ。夜更かししてないで帰るんだ」 「でも」 「拓」  名前を呼ばれ、ドキッとする。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!