葬儀参列、死者私。

8/9
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
藤子(とうこ)の“初めての涙”を見たのは、プロポーズの時だった。 ロマンチックな事とは程遠いワシがあれこれ考えた末に、バラの花束と指輪を準備した。緊張で根本を強く握りすぎて、バラが心なしかちょっと元気なかったような気がする。 「僕と結婚してください!幸せにします!」 こういった時、藤子は目にいっぱいの涙を浮かべた。涙なんて初めて見たワシは滑稽なほど慌てた。 「と、藤子さん!?」 「…嬉しい。だって栄市さん、そんな素振り全然見せなかったじゃないっ…」 藤子はこう言って、ぐしゃりと笑う。ワシはどうしていいか分からなくて迷った末に、 …そっと指先で藤子の涙をすくった。 藤子、藤子。 『泣くな、藤子。』 幽体であることも忘れて、藤子の涙を指先ですくおうとした。 でも、すくえなかった。 ああ、 もう涙をすくってやることも出来んのかーー… 「押せない…!!」 突然、藤子が叫んだ。 そしてその場に泣き崩れる。 初めて見た。こんなに激しく泣く藤子を。 「お母さんっ、」 駆け寄った櫻子(さくらこ)菫子(すみれこ)。藤子は二人に支えられながら、涙をボロボロと溢した。 「だめね、私っ…。栄市さんが心配せず逝けるように泣くまいって思ってたのにっ…。脳卒中になってから、栄市さん大変だったね。天国ではたくさん楽しいことがあるといいねっ…」 ハンカチを顔に押し当てて、無理やり笑ってワシを送ろうとする藤子。それを見て、櫻子も菫子も泣き始めた。 「お父さん、ごめんね帰ってこれなくてっ…!ごめんね、会いたかったの、……っ、お姉ちゃんっ…」 「すみちゃん…、」 櫻子が菫子の背中を撫でた。 ああ、良かった。櫻子と菫子が仲直りして。 ああ、良かった。藤子が泣くことを我慢し続けずにすんで。 もう、よかろう。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!