特命お天気お姉さん誕生!

1/4
219人が本棚に入れています
本棚に追加
/468ページ

特命お天気お姉さん誕生!

 私は栗本(くりもと)(あい)、お天気お姉さんである。それも女子大生お天気お姉さんだ。  22時50分、みなさま今日も1日お疲れ様でした、ゆっくり休んでね、良い夢を……。と癒やしの笑顔で明日の天気をお知らせする。  しかしそれは表の顔。私には裏の任務があるのだ。  実は私は霊能力者。幼い頃からこの世のモノではないモノが視え、ヒトならざるモノが視える。そして高校時代から修行を重ね、除霊浄霊朝飯前、妖怪退治もお手の物。経験を積んだベテランの霊能力者である。  そんな私はテレビ局の社長から特命を受けた。テレビ局に巣食う幽霊、妖怪を退治するようにと。  テレビ局には怪しい輩がウヨウヨいる。芸能界に憧れ挫折した者たち、アイドルに恋い焦がれ死してなお追いかけ続けるファンたち、過酷な労働に耐えかねテレビ局に恨みを持つ者たち。そしてそんな亡者の怨恨を餌にする妖怪たち。そいつ等を端からバッタバッタと退治するのが私の任務だ。  もちろんこの事を知るのは社長と私、それから天気予報担当のプロデューサーのみ。極秘中の極秘なのだ。  うら若き乙女が(あやかし)と戦う物語の始まりであるーー。
/468ページ

最初のコメントを投稿しよう!