目の卒業

ぼくは盲導犬を卒業した。

アほリ

6分 (3,163文字)
超・妄想コンテスト『卒業』参加作品

2 1

あらすじ

僕は盲導犬だった。 僕は盲導犬訓練から卒業してから、盲目の教諭の『目』になって生きてきた。 年月を重ねて、僕は歳をとった。 やがて来る、僕が盲導犬を卒業する日。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません