煙に消えたボギー

そういう物さ

生駒屋貴文

14分 (7,855文字)
特になし

10 533

あらすじ

小宮山英介はある夜、野良猫のボギーと出会うボロボロに傷ついた猫と。 奴は言う「俺を殺せ」と。 言葉を話す猫に魅入られた様に英介はボギーの事情を聞きく。 守り切れなかった「マリア」を助けきれず、何も出来

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません