君に告白したい。

1/24
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/118ページ

君に告白したい。

ーー1か月前。 授業を終えた俺は、クラスの奴らと教室で談笑をしていた。 その中の一人が唐突に言う。 「なぁ、神田ってモテるのになんで彼女作んないの?」 「なんでって言われても」 「告白はされるくせに誰とも付き合ったことないじゃん。気になる子とかいないの?」 気になる子…ね。 そこでふと一人の顔が浮かぶ。 だが、俺は別にと素っ気なくそいつらに言った。
/118ページ

最初のコメントを投稿しよう!