花咲佳奈美の噂

1/10
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/88ページ

花咲佳奈美の噂

噂なんて、ウソでもホントでもあっという間に広まっていく。 私、花咲佳奈美もその噂の被害者の一人である。 登校して早々、トイレの鏡に写った自分を見て、小さくため息をついた。 ここを出たら、私はいつもの私を演じなければいけない。 念入りに巻いた明るい髪、マスカラでボリュームたっぷりにした目、唇がふっくらとして見えるピンクのリップ。 シャツのボタンもギリギリまで開け、スカートも短い。 これが、いつもの花咲佳奈美だ。 トイレを出ると、さっそく私を見てコソコソと話す声が聞こえた。 「うっわ、花咲今日もえろいなー」 「1回でいいから相手してくんねぇかな」 ニヤニヤと笑う二人の男子生徒。 その二人を見ると、ニコッと笑顔を浮かべた。 二人は顔を真っ赤にすると、その場から逃げて行った。 逃げるくらいならコソコソ話さなきゃいいのに。 教室の前に来ると、私はもう一度小さくため息をついた。 教室のドアを開けると、 「あ、かなみん!おはよー!」 「待ってたんだよ〜」 同じクラスの優子と奈々が駆け寄ってくる。
/88ページ

最初のコメントを投稿しよう!