高宮side

4/9
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/88ページ
校内で初めて彼女を見かけた時、俺は一気に顔が熱くなるのを感じた。 胸がドキドキして苦しい。 これは紛れもなく、恋だと自覚をする。 何回かすれ違ったけど、彼女は俺の事は覚えてないようで、話しかける勇気もない俺は、彼女を見てるだけでよかった。 ある日、寝不足で保健室で寝てた俺は放課後に目を覚ました。 「立花先生…?いないのか」 保健室は静かで誰もいなかった。 どうやら、席を外してるらしい。 もう一度ベッドに潜り込むと、静かに目を閉じた。 まだ寝れそう…そんな時だった。
/88ページ

最初のコメントを投稿しよう!