プロローグ

1/3
3483人が本棚に入れています
本棚に追加
/179ページ

プロローグ

 綾芽(あやめ)にとって一番印象深い誕生日は、八歳を迎えたその日だった。  場所は京都にオープンしたばかりの、アリシアンホテルにある屋上庭園。  新緑の季節の中、広い庭園に敷かれた芝生の上を、はしゃぎながら裸足で歩く綾芽、その後ろを七つ年上の透也(とうや)が追いかけていた。  透也は綾芽の幼い頃からの遊び相手で、背が高く優しいお兄さん的な存在だ。 「透也様もはだしになってみる? ふかふかして気持ちいいよ」 「綾芽、こっちへおいで」  庭園全体は芝で覆われ、入り口から中央へ向かう真っ直ぐな道に、石畳が敷かれている。  その道は、中央に造られた(つた)が絡む西洋風アーチへと向かう。道を取り囲むように、一メートル程の高さの樹木がバランス良く植えられ、木陰を作っていた。  透也が柔らかな表情で綾芽を手招きし、木陰の奥へ呼び出すと、人目を避けるように(ひざまず)く。 「ほら、手を出してごらん」
/179ページ

最初のコメントを投稿しよう!