裁判…

10/13
336人が本棚に入れています
本棚に追加
/260ページ
私が〇〇に父として接してやれなかったからです… 私がだめだったからです… 僕は父と母に何度も涙を見せ、そして裁判では泣かなかった… なのに父は初めて僕に弱音を吐いた。 そして初めて僕の前で涙を流した… 頑固な父… あまり僕と接していなかった父… やんちゃになっても何も言わなかった父… そんな父の目から、とまる事のないくらいの涙が流れていた。 両手で涙をぬぐっている父… 僕は生まれて初めて涙を流す父を見て、僕も涙が流れた。 母も泣き… 姉も泣き… 家族の涙がとめどなく流れた。
/260ページ

最初のコメントを投稿しよう!