週末、多摩川で逢いましょう。

1/1
33人が本棚に入れています
本棚に追加
/632ページ
 俺の名前は矢口(やぐち) (わたる)。この春、めでたく私立・多摩川清流館(たまがわせいりゅうかん)高校に入学した15歳だ。  親父いわく、俺が生まれて初めて手にしたおもちゃが野球ボールだったそうだ。そのくらい幼いころから野球に打ち込んできた。  幸いにも才能に恵まれたらしい。小学3年から硬式野球を始め、6年生の時に全国制覇。中学時代も、3年生の時に全国大会ベスト8。いずれのチームでも4番でエースでキャプテンとして活躍してきた。グラウンドを歩けば『あっ、矢口だ』と言われるくらいには有名な存在だった。    高校進学に際しては、全国そこらじゅうの野球強豪校からスカウトが来た。しかし俺は、あえてその誘いを全部蹴った。いかなる推薦も受けずに一般入試を利用して、地元の多摩川清流館に進んだ。  俺が華の高校生活で思い描くのは、もちろん――  甲子園より、酒池肉林。女子にモテモテ☆ハーレムランドである。
/632ページ

最初のコメントを投稿しよう!