オーダーメイドな恋をして

1/2
327人が本棚に入れています
本棚に追加
/402ページ
私に、悲劇のスポットライトが当たる日なんて訪れるわけがない。 だって、頑張ってきた。人並み以上に。 残業しながらプレゼン資料を作って、 帰ってからも夜中までデータを調べて。 それなりの成果だって出してきた。 男の同僚よりも。 女の先輩よりも。 「結果が全て」と言われるこの業界で、スピードと数字にこだわり、クライアントに求められる以上の成果を出してきた。 それなのに―――。 優華は雨に濡れた自分の足元を見下ろした。 髪を伝う冷たい雨粒と、瞳から溢れる熱い涙が、おろしたてのベージュのミュールにまだらな水玉模様を形成していく。 ――こんな私に、悲劇のスポットライトが当たる日なんて、 訪れるわけがない。 ―――はずだった。
/402ページ

最初のコメントを投稿しよう!