1

8/8
327人が本棚に入れています
本棚に追加
/402ページ
◆◆◆◆ 内海浩司はバックミラーに映るun copanの看板を睨みながら、ふんと鼻で笑った。 「何が才能だ……。わかったような口をきいて」 運転席に座る黒川がビクビクと肩を縮める。 「ライトハウスのこと、イベントのことを調べろ」 浩司は先ほど優華から渡された資料を、投げるように助手席に放るとため息をついた。 「涼太を潰せ。徹底的にだ……!」 黒川は助手席に投げられた資料を横目で見つめた。 その一番上には、「ライトハウス 萩原優華」の名刺が光っていた。
/402ページ

最初のコメントを投稿しよう!