第4章

1/1
169人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

第4章

 上り始めた月は、いつの間にか頭上近くで輝いている。彼は思いを巡らせていた。  「少し性急すぎただろうか」姉から話を聞いたアレンは冷静さを取り戻していた。  姉はリディアが過ごした十年を話してくれた。離郷のこと。父親の死。一人きりの生活。再会してからの様子。アレンはその時々の彼女に思いを馳せた。  いったいどれほどの苦しみを味わってきたのだろうか。彼女のか細い肩を思い出す。その心の内を想像すると、アレンは胸が張り裂けそうになった。  「生きていてくれてよかった」彼は心底思った。そうでなければこの奇跡は起こらなかったのだから。  それなのに自分は彼女の気持ちも考えず、一方的に想いをぶつけようとしていた。その軽率さに自分自身を呵責した。  「今夜は来てくれないだろう」彼女の動揺した顔が頭を過った。アレンは頭上の月に吐息を零した。その時だった。  青草の匂いが俄かにその鼻を掠めた。  振り返るとそこには、リディアの姿があった。真っ白に輝く月の光りを瞳に落として。アレンは美しさのあまり言葉を失った。  「あの」  自分を見つめたまま、アレンが何も言わないのでリディアは躊躇いがちに話しかけた。  「ああ、ごめん。思わず」  見惚れてしまったと、口に出しそうになった。慌てて言葉を切る。短く咳払いをした。  「ありがとう。来てくれて」  アレンはふわりと笑った。リディアはどきりとして咄嗟に目をそむけた。顔が熱くて赤面しているのが分かった。いたたまれなくなってさっと後ろを向いた。その背中を葛藤の抱えた目が捉えた。  「あっ」  「ごめん、どうしてもこうしたい」  後ろから伸びてきた腕が彼女の身体を包み込んだ。そのぬくもりがリディアをこの場に縫い留める。呼吸の仕方を忘れてしまったみたいに息ができない。追い打ちをかけるようにして掠れた声が耳朶に響く。  「君は俺にとって唯一の存在なんだ。何よりも一番大切な。十年たっても色褪せない。想いをずっと捨てきれずにいた。けど、そうしなかった自分に感謝してる。思いがけず君に会えて、この想いを続けられる」  リディアの凍えた身体を彼の熱がじんわりと温めていく。これまで自分を縛っていたものが少しずつ解けていく。彼女は思わず口を開いた。  「私まだ、あなたに…」  「待つよ。ゆっくり待つ。君の心が解けるのを」  自分の心の状態をアレンはわかってくれている。リディアはその顔を振り仰いだ。二人の視線が交わった。その瞳に滲んだ月の光が、彼を動かした。アレンは彼女に唇を重ねた。  「君が背負ったものを、俺にも半分預けて欲しい。悲しみも、苦しみも、すべて。もう君は一人じゃない」  視界が俄かにぼやける。リディアの唇が戦慄いて、嗚咽が漏れ出す。アレンは胸に彼女の頭を寄せてきつく抱いた。青い風が吹いて二人を包み込んだ。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!