1.遅刻、遅刻〜!

1/3
2565人が本棚に入れています
本棚に追加
/49ページ

1.遅刻、遅刻〜!

 遅刻、遅刻〜と言いながらパンをくわえて走っていて、角を曲がると誰かにぶつかる。 ──それは運命の相手。  実際は遅刻しそうになっていたら、ただ走るだけだ。  杉原亜由美は駅の改札をかなり早足で通り抜ける。その時改札に向かっていた人と肩がぶつかってしまった。 「おい!」 「す、すみません!」  謝ったのだし、それで終わるかと思ったのだ。  そうしたら腕を掴まれた。 「わざとぶつかっただろう⁉︎」  そんな訳はない。完全に因縁なのだが、焦っていた亜由美は分からなかった。  確実に分かっていたのは、今日は遅刻だ、ということだ。 「すみませんでした」  亜由美が足を止めて、ぶつかったと主張する男性に向かって頭を下げるとホームから乗りたかった電車が出発する音が聞こえた。 ──終わった……。 「これで済ませるつもりか? あんたがぶつかった肩が痛えんだけどな」  遅刻どころではない。完全にヤバい人に捕まってしまったことを察して、亜由美の眼の前が暗くなった。
/49ページ

最初のコメントを投稿しよう!