空は今日も

今、あの人は何を思う

生駒屋貴文

13分 (7,532文字)
無い事を祈って、今日も明日も、ずっと

17 813

あらすじ

ある男は今日「空」になった。 その男の前を若い男性が、少女が、夫人が通りすぎ、ある者は文句を、ある者は下手な賛辞を、ある者は罵声を浴びせて消えていった。 最後に来た男は、「今日お前を殺した男だ」と言い

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

闇の諧謔〜鮮烈な祈り

重さを軽さに 悪魔がピエロに 映画のような 未来の記憶に! 断じて させてはならないのだ 悲しいほどアートな文体が作品に金属的な輝きをもたらしています
1件