モテ男、塩田

1/5
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ

モテ男、塩田

日が沈み、あたりが暗くなったころ。 天井にぶらさがったライトが、屋内にあるテニスコートをてらしていた。 かまぼこ型の建物のなかでは、ネットで間仕切りされたコートが3つある。そのなかでは、ボールを打つ音がひっきりなしに聞こえてくる。 右のコートから順に、初心者コース、中級者コース、上級者コースとわかれていて、一番左にあるコートは、プロをめざす上級者コースのメンバーが練習をしていた。コーチがくり出すボールを、順番にラケットの(ガット)の中心にあてて、ノーバウンドで打ち返す技(ボレー)で打ち返していく。 そのなかでも、ひときわ綺麗なフォームで打ち返してくる男子の姿があった。 塩田翔(しおたかける)、15歳、中3。 色素のうすい白い肌に、金に近い明るい茶髪。ぱっちり二重でまつげが長い、さわやか王子さまフェイスが魅力の男子だ。このテニスクラブでは、しらない人はいないと言われるほどの有名なモテ男である。いつも芸能人なみに人だかりをつくり、その中心にいる。人から注目されなれている男子だ。今日もまた、コートの外には人だかりができていて、ネットをはさんで、アツい声援が送られていた。 基礎連習がおわり、10分休憩になったとき、塩田はおなじ上級者コースの佐竹に声をかけられた。
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!