三角ショートケーキは甘くない

14/15
91人が本棚に入れています
本棚に追加
/90ページ
学校までの道中、仁村くんは自転車を手で押して、私のノロノロ速度に合わせてくれる。 「仁村くん、遅刻しない? 私、遅いでしょ?」 「ん? じゃあ、乗る? うしろ」 「うしろ?」 仁村くんが指をさすのは、自転車の荷台。 一瞬で思い出すのは、小学生の時に読んだ少女漫画。 高校の制服を着た男子がペダルをこいで、同じ学校の制服の女子が肩につかまりながら、自転車を走らせる光景。 「えっ、まさか、ふたり乗り? そんな、いいよ! 違反だから、おまわりさんに見つかったら、怒られるのは仁村くんだもん」 「おまわりさんて」 手を前に出してブンブンと振ると、仁村くんは吹き出して笑った。
/90ページ

最初のコメントを投稿しよう!