昼下がりの密会

6/12
69人が本棚に入れています
本棚に追加
/63ページ
「いらっしゃいませ~」  甲高い店員の声がやけに耳に残る、日曜の午後。  大して飲みたくもないカフェラテを片手に窓際の席につくと、小さくため息をついた。  今日会う約束をしていた美咲から、『熱が出た』と連絡があったのは小一時間ほど前。  急な予定変更で迷ったけれど、父親がいる家にいるのも居心地が悪く、当てもないままに家を飛び出してきた。 「……甘」  頼んだカフェラテは想像していた以上に甘く、思わず独り言が漏れる。  手持ち無沙汰に外を眺めていると、ここにいるはずのない人物の声が聞こえてきた。 「あーすみません、砂糖もう3ついいですか?」 「は、はい」  先ほどまで声高らかに接客していた店員は、明らかに戸惑いを見せている。  その原因を作っているのは―― 「……女鹿?」  どうして休日までこの男と顔を合わせなきゃいけないのだろうか。  特に許可などしていないのに、その人はごく自然に私の横に腰を下ろした。 「何でここ座るの」 「ああ、悪い。ついな。誰かと待ち合わせか?」 「……別に。美咲と会う予定だったけど、体調崩したって」 「へえ珍しいな。ってことはお前は暇人か」  そう言って嫌味のひとつもなく笑うのは、学校でしか会ったことがない先生だ。  ここがカフェだからなのか、それとも彼の服装がいつもと違うからなのか、まるで別人のように見えた。
/63ページ

最初のコメントを投稿しよう!