虚ろの城の桃太郎。

「志なかばで死んでくれ」満開の桜が狂い咲いている。

春チヨ。

13分 (7,786文字)

6 20

あらすじ

鬼は人々を脅かす脅威だった。 青年は、父がくれた刀と母が作ったきびだんごを持って、仲間とともに鬼の首領が居る城にたどり着いた。 それぞれは強い思いを抱いていた。 里ごと燃やされた同胞のため、奪われ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません