1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ

 「残念だな、君も子供の話しかしない女になるなんてね」  「くだらない話ならしないでくれ」  産後すぐ夫はそう告げ、夫婦の会話は無くなった。  「あの子書き順おかしかったわよ。小学校入る前にこんな事でどうなるのかしら。子供の世話も満足に出来ないなんて、大層な資格があっても嫁としては失格ね」  何をしても認められないだろう事は分かっていた義母の言葉。  「女も資格が必要よ、何を捨てても勉強なさい」  「ほら、言った通り良い生活が出来てるでしょう。苦労して医学部いかせたかいがあるわ。感謝なさい」  でもねお母さん、結局資格も要らなかったみたい。  夫と子供に何不自由無い生活を用意すること。  それが私の幸せなの。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!