偶然の再会

1/2
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/203ページ

偶然の再会

「あ……」  それは広翔もその子も同じ反応をみせる。  同じように視線がお互いを捉え止まっていた。  蒼羽は……何も言わずただ眺めているだけであった。 「あれ……キミは」  最初に広翔が気付く。  それは広翔たちが合コンへ行く途中の裏路地で助けた……あの女の子だった。 「あーっ! あの時の!!」  その子はビックリして無意識に一歩後退る。  蒼羽はその一瞬を見逃さない。しかし、そのことに対して何も言わず、ただ静かに静観していた。  女の子はそんな蒼羽には気付かず、直ぐに「こんな所で出会えるなんて!」と笑顔を向けた。 「うわぁ、大丈夫? ホント派手にやっちゃったけど……」  広翔がしゃがみ込みノートを手に取って手渡す。  ノートを受け取った彼女は慌てて今の自分の状態を認識した。
/203ページ

最初のコメントを投稿しよう!