僕の名は?

1/5
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
「僕は僕だからさ、どこに居ても」 「え、、!?」 霧の立ち込めた湖の片隅で、男は抱いていた女性をふっと乗っていたモーターボートから突き落とそうとし、女性の慌てた表情を見て軽く鼻で笑い、再び手を引いて座席に戻す。 周囲に人影もない、静まり返った明け方前の湖、湖面が揺れる。 キリッと引き締まった、それでいて笑顔を絶やさない男。 「物好きだね君も、こんな朝早く僕の所に来るなんて」 「だって、会いたくて、、」 「死んじゃうくらい?」 「壊れるくらいよ」 「良いんじゃない、面白いかも壊れるのって」 「ん、、ダメよ、誰が見てるか」 男は女性を強引に抱き寄せ、耳元に息を吹きかける。軽い刺激、長髪の女性の嫌がるのも気にせず、ずっと耳元でささやく。 「あ! 、、大丈夫なの奥さん? 気が付いてるでしょ私達の事?」 「気にしない気にしない、造花のような人さ、妻は」 「、、生きてないって事?」 「こういう事かな?」 「あ! 、、止めて、耳弱いの知ってて、もう!」 「息が合わない、って事かな。同じ薔薇ならレプリカより、風に揺れる方が好きさ僕は、君みたいにね」 「ねえ、、」 「なに?」 「ううん、何でもない」 「ふーん、お別れかい?」 切なそうな表情で男を見る女性の頬に、うっすらと雫が伝った跡が見える。 「どちらでも良いよ、僕なら。君が傷つかない方を選ぶのが一番大切だ」 「だって、、」 「言い訳と後悔は、しない。それが僕の生き方さ」 「ん、、」 男は女性の唇を強引に奪い、モーターボートが揺れる位の激しさで体を抱き締める。振動に身を任せる女性、徐々に体がから力が抜け、男のされるがままにされていく。 「ダメだよね、刺激って。一回慣れるとドンドンエスカレートして、歯止めが利かなくなる。次は、次はって、欲張りになる。君は偉いな全然欲しがらないで、僕は欲張りなんだろうね、生まれつき」 「と、止めないで!」 「なら離れれば?」 「バカ、、」 「ありがとう、感謝の気持ち」 女性は男の胸に顔を埋め、背中に手を回し強く抱き締める。 男は女性の回された腕の感触を楽しみながら、朝日の方を見る。時間だ、腕時計をかざすとボートのエンジンのスイッチを入れる。 クルリと体勢を入れ替え、モーターボートを運転し岸に着ける。 波しぶきが桟橋に当たり、揺らしていく。 「勿体ないな、良いところなのに、時間だとさ」と男は女性の手を引いて岸へと渡らせる。 ボートの上の男を見ながら女性は「最後かしら」と呟く。 その視線は遠く、ぼんやりと映る朝日に注がれる。 「終わりに出来るのかい、君は?」と男は問う。 「ズルい、人ね、私に言わせようとして」と女性は軽く笑って男に返す。 「僕が全てだ、全てを失っても怖くはない」 「そうなの?」 「ああ、怖いのは君だろ。君が僕との関係を暴露したら、君こそすべてを失う事になる」と男は女性を見返し笑う、不敵な笑顔で。 「バカにしてる、私の事」 「尊敬してるよ、君の事は。キャスターとして威圧感すら与える、僕の前では子猫みたいにお道化て怯えて」 「わ、私は、、!」 「君は僕を壊せない、僕は僕だ、どこまで行っても」と男は自信満々の面構えで女性を見る。 「朝日って、嫌い、私」 「何だい急に?」 「だって、、別れの時間を教えてくれるから」 「なら、夕日も嫌いって事だね?」 「え、、?!」 「おろ!」 男はボートから気岸辺の女性の元へと跳んで見せるが、距離を間違えて息が届く間近に迫ってしまい、女性は驚いて男を湖に突き飛ばしてしまう。 「こりゃあいい! 手間が省けた!」 「ご、ごめんなさい!」 「良いんだよ、ここは僕の城だ、この方が似合ってるよ僕には」 「分かったは、あなたの事壊してあげる、刺激的にね!」 「お、やるね!」 女性も男の近くに飛び込み、二人は水面ではしゃいでみせる。抱き合い、潜り、息が止まるまで激しく唇を奪い合い、そして水面へと浮かぶ。 男は女性を岸辺に上げ遠ざかって行くのを見届け、湖の中央へと泳いでいく。 「苦手なんでね、注目されるのは僕は」とポツリと呟く。 辺りは霧が立ち込め、男の作った影は大きく山の様にうねる、巨大な何かを隠す様に、やけに首の長さが目立つ。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!