エンジェルインストール

5/12
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ
 同時刻。霊科研の借り上げた、古びた民家のバスルーム。  蘇芳はシャワーを止めた。住宅街に満ちた霊子放射の雲の中に、稲妻めいたものが閃くのを感じたのだ。  裸足でリビングに向かう。  山南はノートのディスプレイを見つめたまま、振り返りもしない。 「何か気づいたか。7番のトランスミッターが妙な動きをしてる」  7番。確か、十一、二歳の男の子だった。 「霊子線放射が0.24秒止まって、そのあともとに戻っているんだ」 「計器の故障では?」 「原理的にありえない。あれはいったん壊れたらそれっきりだ。再度霊子線を拾えるようにはできていない」 「逆位相の波をぶつければ波動を消すことはできるんじゃない」 「理屈の上ではな。だが、誰が、何のためにだ? 霊科研の装置がなければそんなことはできないはずだ」 「じゃあ、見た通りのことが起こったんでしょうね」 「見た通り?」 「0.24秒の仮死状態、さもなければ憑依」 「憑依? 何のだ?」 「さあ?——これがその観測値?」  蘇芳はテーブルの上に身を乗り出し、ノートのディスプレイを覗き込んだ。 「そうだ。そうだが——おまえ、いい加減にまともな服着ろよ」  山南にそう言われ、自分の身体を見下ろす。ごく普通のバスローブ姿だ。 「着てるじゃない」 「俺が落ち着かないんだよ」  相手にせず、勝手にマウスをいじり画面をスクロールさせる。 「1番は何? 7番と同じタイミングで霊子線放射が上昇してるけれど」 「うーん、瞬間的なものだし、誤差の範囲ではあるんだがな」 「こういう相関、他にもないかな」 「気になるか?」 「調べられる? たしか、1番も小学生だったと思う」 「やってみよう」 「ありが……くしゅっ!」  くしゃみが出た。 「やっぱ、服着てくるわ」 「ああ。ていうか、とっとと寝ろ」  うん、とうなずいて、入浴前にテーブルに置いていた自分のスマホを拾おうとした。  そのときだった。  まだアイデアとも言えない漠然とした何かが、蘇芳に降ってきたのは。        
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!