彩りの行方

9/10
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
何が起こったのか分からなかった。 一瞬で、全てが『無』になった。 次に目を覚ましたとき、いや、目を覚ましたという表現が適切なのか分からない。 ただ、その時だけ、うっすらと意識があった。 『聞こえますかー、智晴(ともはる)さん。』 私の意識に聞こえてくるのは、 「ピ、ピ、ピ、ピ…」という電子音と、 そして、 クロノスの男の声。 ああ、良かった、この男に直接視力を返そう。そう思ったのに、声が出ない。 なぜだ、声が出ない、どういうことだ…!! 『無理しないで、智晴さん。あなた、信号無視して横断歩道わたっちゃって、ダンプカーのタイヤに巻き込まれたんですよ。 いや〜、ここまで色んな管に繋がれたらそりゃ喋れませんって。』 管? 私は、管に繋がれてるのか? 薄く開いた目には、眩しい明かりしか映らない。しかし、私の耳には遠くの方から声が聞こえていた。 「父さ……!!」 「……なたっ!!!」 「死ん…い………!!」 ここは病院か…!!! 私はダンプカーに轢かれて死にそうなのか…!! クロノスの男よ、助けてくれ、私はまだ死にたくない、視力ならちゃんと返すから…!! 『返す?』 男の、嘲るような声が聞こえた。 『私、言いましたよね?返却方法は池の前で瞬きすることで、今日の朝には返せって。 ここでそんなこと言われても困りますよ〜〜!』 !!! じゃ、じゃあ、もしや、私がこうして車に轢かれたのは視力を返さなかったせいなのか?もしや、私の命が延長料金の支払いに当てられているのか!? 『延長料金?そんなもの取ってませんよ。これは完全なる“借りパク”です。 そして、貴方が轢かれたのはただの貴方の不注意です。』 不注意!?もういい、何でも良い、頼む、助けてくれ、ちゃんと視力を返すから、君の不思議な力で何とかして私を助けてくれ、お願いだ…!! 視力のレンタルが出来たなら、そういうことも出来るんじゃないのか!!? 私の必死の願いを、 クロノスの男は鼻で笑った。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!