煌蓮

5年の歳月を経て、煌弥と玲の宿命と言う歯車が再び動き出した。

翠恋桜

現代ファンタジー 完結 過激表現
3時間20分 (119,409文字)
唯一無二(煌蓮)のリメイク版です。

276 1,401

あらすじ

【黒の烏】の続編 誰も居ない病院の待合室。  「……おおかみは、いいました」 そんな声が聞こえ、声がする方に視線を向けて驚いた。 俺の視線の先には、ガキの頃のままの煌弥が居る。 『名前

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません